ふるさぽからのお知らせ

論文紹介:農山村の空き家再生に地域社会が果たす役割に関する研究

和歌山大学システム工学部・准教授 佐久間康富氏を中心に、農山部での空き家についての研究を行いたいということで、ふるさぽの地元・福井県美浜町を中心にふるさぽの活動を研究対象として論文を作成していただきました。

論文「農山村の空き家再生に地域社会が果たす役割に関する研究」【PDF】はこちら→

そもそも佐久間さんのチームの一員でもある、ふるさと回帰支援センター事務局長 嵩和雄さんとふるさぽは、以前から交流があり、ふるさぽの先進的活動を研究材料として使いたいという申し出がありました。

数日間、移住居住体験施設 蒼舎での体験を通じ、実態をチームで感じとっていただきました。

特にふるさぽの地域での活動の信頼性、各種団体との連携をうまく活用しながらの取り組みにはみなさん驚いておられました。

・効率的に空き家実態調査を行っている「ふるさぽマップ」の活用
・効果的な空き家相談会の実施
・地元社会福祉協議会等との連携で見回りサービス「空き家アイドリング事業」
・空き家マッチングツアーの実施

これらを特徴的であると論文では評価されています。

関連記事