ふるさぽからのお知らせ

【視察レポート】石川県能登町視察からの視察について。

2018年11月14日(水)、石川県能登町から福井県美浜町まで視察に足を運んでくださいました。
以前からホームページ等を通じてふるさぽの活動を知っていてくださり、2018年10月に石川県で行った講演会でふるさぽの活動に興味を深めていただけたことで、今回の視察につながりました。

視察概要

【日時】
2018年11月14日(水)13:30〜16:30

【視察内容スケジュール】
13:30〜15:00 [美浜町役場にて]
・鮮度の高い空き家の発掘について
・空き家掘り起こし活動の民間への広がりについて
 
15:00〜15:30 [美浜町役場創生戦略課にて]
・情報を活用する方法 ふるさぽマップについて

15:30〜16:30 [みんなの茶の間836(空き家リノベーション物件)にて]
・空き家利活用の事例と地域のキーマンについて

【視察メンバー】
・能登町定住促進協議会1名
・石川県能登町ふるさと振興課 主幹1名 
[合計2名]

【視察目的】
「早い段階での空き家の掘り起こしと流通について」
能登町では移住対策に力を入れていて、空き家の数より移住者の方が多いというくらい移住者にとって人気の町ですが、一方で使える空き家が世の中に出てこないという現実が課題となっていました。ふるさぽでの行政や各種団体、そして民間のつながりから空き家を掘り起こしている活動を参考にされたいということで、今回の視察が決定しました。

視察後の感想

前回の講演を拝聴し、予想していた譲渡と社協などの難しさを具体的に学ぶことができ、大変参考になりました。
この視察で学ばせていただいたことは、早速、空き家相談の受け入れ体制構築に反映したいと思います。空き家の試算シュミレーションシステムに関しては、ぜひ導入したいと考えていますので、提供可能になりましたらお知らせください。
熊谷さんの集落の話や「みんなの茶の間836」のストーリーは、集落再生の観点から素晴らしいと感じました。もし可能であれば、「みんなの茶の間836」ができるまでのふるさぽ側視点の話(例えば補助金適用させるやり取りや経緯、苦労話など)も参考にお聞きしたいです。

視察の様子

能登町視察

能登町視察

能登町視察

ふるさぽより

この度は遠方よりお越しいただきありがとうございました。今後の取り組みの参考になれば幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。
ふるさぽでは、このような視察の受け入れを行っております。同じ課題に向き合い活動している皆さま方の一助になればと考えております。お気軽にお問い合わせください。

視察受入のご案内

関連記事

  1. おゆずり物件 漁村のおゆずり物件
  2. NPO法人ふるさと福井サポートセンター
  3. 空き家マッチングツアー

月別アーカイブ