ふるさぽからのお知らせ

プレスリリース:ふるさぽと美浜町社協が全国初の空き家適正管理サービスを開始。

【福井県】空き家マッチングNPO団体と美浜町社協がコラボレーションし、全国初の空き家適正管理サービスをはじめる。

平成28年9月1日より、美浜町を中心に空き家と住みたい人そして地域をつなぐマッチング事業を行っているNPO法人ふるさと福井サポートセンター[理事長 北山大志郎](以下ふるさぽ)と美浜町社会福祉協議会のコラボレーション企画、空き家適正管理サービスを展開する。

空き家特措法がはじまり空き家適正管理が重要視される中、空き家の放置からの老朽化が進んで、利用できる空き家が少ないことも問題視されている。 一方で、病院や介護施設に入所する際に、今まで住んでいた家の管理を心配する方も多い。特に在宅介護を推進してきた社会福祉協議会には、そういった相談も 多く寄られる。長期間家を空ける場合に社会福祉協議会の職員が相談に乗り、要望に応じて維持管理をふるさぽが管理を行う。

月1回のペースで風通しや掃除、庭の簡単な手入れまで行う。サービス料金は月1,000円(税抜)から受けることが可能。運営はふるさぽが行う。

【NPO法人ふるさと福井サポートセンターとは】
2012年に法人化。空き家と住むひとそして地域のつながりをサポートする空き家マッチング事業を主に活動としている。福井県美浜町を中心に活動。空き家管理システム「ふるさぽマップ」を開発販売。全国自治体に導入されている。

【プレスリリースのお問い合わせ】
NPO法人ふるさと福井サポートセンター 担当 理事長 北山大志郎
電話:090-4328-0631 mail:info@furusato-fukui.com

関連記事